御影福音教会

神戸市東灘区御影本町8丁目8-3
078-811-5649
  • 人々に寄り添う、地域の憩いの場として
  • 創設は1933年。2014年には新会堂が完成
  • 御影福音教会へようこそ。あなたの心に、希望の光を灯す居場所となりますように

御影福音教会へようこそ

私たちの教会は神戸をこよなく愛される造り主なる神様によ って1933年(昭和8年)、神戸市東灘区御影にはじめられたプロテスタント教会です。 2014年7月には、新会堂が完成しました。地域の皆様の憩いの場として、 キリストによって招かれた皆様と一緒に、歩んでまいりたいと思います。

御影福音教会 牧師:森英樹

牧師、森英樹

スタッフメッセージ

教会スタッフからのメッセージ 教会スタッフが交代で綴ります。今回は役員N.K.です。


クリスチャンってどんな人だと思いますか?
清く正しく、純粋で、悪いことは絶対しない、と思いますか?

心の貧しい者は幸いである。(マタイの福音書5:3)

と聖書には書かれています。
心の貧しい人がなぜ幸いなのか。それは神様を知ることができるから。
苦しく病んでいる人ほど、神様からの恵みに気づくことができる。

神様の恵に気づいて救われるってどういうことでしょう?
心が荒れて、自暴自棄になって悪いことしている人に、神様はなんて語りかけてくれると思いますか?
「あなたは、悪くない」
でしょうか。
いいえ、神様は、悪いことを悪くない、とは言いません。
悪いことは悪いのです。でもわかっていても、悪いことを選んでしまった弱い心に神様は触れてくれるのです。
悪いことを選んでしまって傷ついてしまった心を哀れんでくれるのです。

誰にも話せない、自分だけが知っている後悔を、神様だけが知ってくれていて、それを罰するのではなく、ぎゅっと抱き寄せてくれる、そんな存在が神様なのです。

ある人が「クリスチャンは嫌いだ。クリスチャンは、神様に赦されてるからって何をやってもいいと思っている。」と言っていました。

そうじゃないんです。何をやってもいい、何をやっても赦される、とは思っていません。
ですが、クリスチャンだからって正しく振る舞えるわけではなく、わかっていても誘惑に負けてしまうこともあります。
でも、その時に、正しいことができない自分に葛藤を感じて、無力さを感じているんです。
だから「こんな弱い私を助けてください」と神様に祈るのです。

心の貧しい者は幸いである。

心の貧しい人は、自分の至らなさをわかってるから、自分で勝手に判断するのではなく、神さまに助けを求めることができる。
だから、幸いなのです。


                              

 

お知らせ

森英樹ブログ

http://inchristmori.blogspot.com/

牧師が数節の聖句をピックアップし、メッセージを添えて励ましと祝福をお届けしています。

ディボーションメール配信中

ブログにアップしている聖句を、ご登録されたメールアドレスにお届け中です。配信の登録・解除はご自身で設定できます。
お問合せ

新約聖書プレゼント

以下、問合せメールから
(1)「新約聖書プレゼント」希望 (2) 郵便番号 (3) 住所 (4) 氏名 (5) 電話番号をご記入の上、 お申込みください。なお、先着順、限定数で締め切らせていただきます。
※個人情報は新約聖書プレゼントのみに使用します。
お問合せ